忍者ブログ

2018
08
16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/08/16 (Thu.)

2017
06
11

Lineともだち

2014年にLineを始めました。それまではLineってなにか知りませんでした。


退職したら海外留学したいと思って、在職中から留学準備をしてきました。英語、中国語、韓国語を勉強しましたが、最初の留学地に選んだのはソウルでした。外国で語学を勉強するのってどういうことかよくわからず、ちょっと不安もありました。


 自分でカナダ韓国語学院という学校を選び、1週間のコースで渡韓しました。クラス分けテストをして、四つぐらいのクラスに分かれました。僕のクラスは僕を入れて6人のクラスで、僕以外はすべて女性でした。出身地と年齢がみんなバラバラでした。東京の2人が20歳代後半、横浜の女の子が高校1年生、大阪出身の方が30歳後半、僕は四国出身で62才そして沖縄出身の彼女はちょうど30才ぐらいだったと思います。M先生はたぶん20歳代後半だったと思います。


 クラスの授業だけではなしに、一緒に映画を見たり、ご飯を食べに行ったり、ミュージカルを見たり、課外授業でキムパップを作ったりして仲良くなってきました。1週間の短期留学がもうすぐ終わろうとしたとき、女の子同士は連絡先をLineで登録しあっているみたいでした。僕はジーさんでLineもやったことがありませんでした。そんなとき、沖縄出身の彼女が僕を『M先生のクラス』というLineグループに入れてくれました。女の子の仲間になれてとても嬉しかったです。(笑)


 級友が銀行口座を韓国の銀行で作りたいというので、一緒に行ってお手伝いをしたり、他のクラスの人たちと大勢(20人ぐらい)で一緒に食事に行ったりしました。学校主催のサヨナラパーティーに行ったときなどは高1の女の子から『オッパ』と呼ばれて有頂天になっておりました。彼女は僕を『ハラボジ』と呼んでは可哀そうだと思って『オッパ』と呼んでくれたみたいです。それを聞いた先生や同級生は『Kちゃん、オッパって呼んじゃダメ』って言ったけれど彼女は構わず僕のことを『オッパ』と呼んでくれています。それ以来Lineでも僕のことを『オッパ』と呼んでくれる彼女が愛おしい。(笑)


 たった1週間の短い時間だったけれど、なぜか何でも話せる同志的な感情が芽生えました。帰国後はそれぞれの人がそれぞれの生活をおくっているけれど、Lineでよく連絡を取り合いました。『今度東京へ行くから、会おうよ』とか『(有名なエンターテイナー)のチケットがあるから行きませんか』とかのお誘いがあれば東京でプチ同窓会を開いたり、その間の情報交換をしたりしています。別れてから半年ぐらいは多かったけれどだんだん少なくなってきていました。


 今年の530日には久しぶりに連絡があり、話の中で高1(当時)の彼女が今ソウルにいるということを知りました。俄然話題が盛り上がります。


『韓国の大学に入学して4年間勉強します。』

『どこの大学なの?』


『ソウルにある大学ですよ。いまは語学堂で勉強しています。』


『みんなに会いたい。』


『僕もみんなに会いたいな。みんなのことが懐かしくて泣いているんだよ。』


『オッパ、泣かないで。』


『アイゴー。オッパはとても心配しているんだよ。江南のクラブへは行ったらダメだよ。カッコいいナムジャがいっぱい居るから。』


『オッパ、心配しないで、絶対に行きません。』(笑)


すべて韓国語でやり取りします。韓国語クラスの雰囲気がよみがえります。


 ああ、懐かしい。みんな、あれからそれぞれの道を。どこかでもう一度会いたいな。





PR

2017/06/11 (Sun.) Comment(0) バックパック

2016
04
30

えがお韓国語教育院

2年前に短期留学(1ヶ月)をしていた『えがお韓国語教育院』の写真を見ていたら、懐かしいメンバーが写っていました。懐かしい同級生や先生が写っていました。もうあれから2年になるんですね。みんなどうしているかな。ミュージカルを見に行ったり、ミッションで映画を見に行ったり、焼肉を食べに行ったりしました。いろんな活動が1ヶ月の中に組み込まれていて、盛りだくさんな経験をすることが出来ました。

『えがお』の直前に行ったのが『カナタ韓国語学院』で、こちらは1週間でしたが、学校の運営はよく似ていました。どちらも楽しく勉強できるようになっています。先生の教えるスキルも高く士気も高かったです。その点、当たりはずれのあるネットスクールとは違います。この学院は学校が生徒全員を引率してミュージカルに行ったり、お別れパーティーを近くのレストランでしたりしました。このレストランが綺麗で、安くておいしかったので、何人かのグループで次の日に行ったりしました。


ああ、あの日にもう一度帰りたい。そして、あの人に会いたい。




カサビル サービスド レジデンス 新村 ソウル

2016/04/30 (Sat.) Comment(0) バックパック

2015
01
10

ミーちゃんは韓国をめざす

昨年の7月と10月に韓国へ韓国語短期留学へ行ってきました。一週間と一ヶ月です。そこで気付いたのは韓国語を勉強する日本女性の多さです。2回とも20余人中、男は僕一人でした。一週間のコースは会社の有給休暇を利用して来ている人が多かったし、一ヶ月のコースは離職して来ている20代から40代の女性が多かったです。彼女たちは熱心だったし、非常にアクティブでした。

それにしてもスゴイです。将来が見通せない状態でも果敢に挑戦する姿は頼もしいです。個々の女性はそれほど豊かでなく、給料を切り詰めて貯金してやって来ているので、いい宿泊施設を利用している人は多くありませんでした。僕の半分ぐらいの予算でやりくりしていました。

そのとき感じました。日本って豊かだなぁって。自分の夢を追求する人や、リストラにあって仕方なく、という人もいたでしょうが、一度社会に出た普通の人が、マイナーな言語を学びに単身外国で生活する。これは学校出たての若い中国人がアメリカや、日本や、韓国へ行くのとは違う。たとえばお金持ちじゃない普通の家庭出身の中国人(韓国人)女性がいたとしましょう。会社員として働いて、35歳で日本語を勉強したくなったとしても、日本へ行って日本語を勉強するという選択肢があるとは思えない。そう考えると、いかに落ちぶれたとはいえ、日本社会の底辺の豊かさを感じる。

そしてまた日本女性のバイタリティーを感じる。昔よく見かけた日本人旅行者の典型みたいなのとはまるで違う。完全に雰囲気に飲み込まれてしまって、外国語の海の中で能面のような顔をしてぼーっと突っ立っているのとは違う。自分の言いたいことを外国語で言い、自分の目的を達成する物怖じしない果敢な姿にバイタリティーを感じました。そして、僕自身が教えられました。違った環境でも、外国でも自分らしく堂々と振舞う彼女たちに教えられました。ソウルはオシャレな街で、そこの住民もオシャレな人が多い。彼女たちはその面でも負けていませんでした。

彼女たちは負け組みか?
違う。自分の時間と自分のお金を自由に使える勝ち組だ。金持ちのお嬢さんとして生まれアイビーリーグに留学し、結婚後も一流企業で夜中まで働き、取締役になるのは勝ち組ではない。この伝でいけば佳子様も負け組みだ。縛られている、自分をリバレイトできない人間はすべて囚人奴隷だ。自由人じゃない。自分の意思で自分を開放できる者が勝ち組だ。その選択肢のない者は負け組みなんだ。『Samさん 酔ってる?』  うーん、チョット飲んでます。

表題の『ミーちゃん』は『ミーちゃんハーちゃん』という意味ではなく、ごく一般的な日本女性のバイタリティーあふれる活動を表すためにつけました。誤解なきように。







2015/01/10 (Sat.) Comment(0) バックパック

2014
12
16

オリバーツィストコリドー

ホテルからショッピングモールまでの間にアンティーカ風の通路がある。数人の子供のベガーがいる。金をくれそうなヤツが通るとワラワラと近づいていく。金をもらえなくても平気だ。悪びれない屈託のない笑顔がいい。

もう6時だ。おっさんが怒鳴りつける。「早く家へ帰って晩飯を食え。」「家に帰ったって飯なんかねーよ。ここで商売してんだ。邪魔するな。ジジー!」と元気よく怒鳴り返す。子供を思いやる優しい言葉と、子供たちの元気のいい大声が、コリドーにこだまする。

いつか自分の幼い日々を思い出して小説にするかも知れない。垢にまみれた笑顔がいい。 「Good luck to you all, kids !」

2014/12/16 (Tue.) Comment(0) バックパック

2014
12
14

マニラに着きました



今朝9時の特急バスでバギオを発ちマニラに14時半に着きました。いいホテルなのでYoutubeもスムーズです。Skypeでの会話も問題ありません。

タクシーに乗りました。ホテル名を言うといきなり運転手が聞いてきます。「How much?」えー! 「なんぼ出すつもりなんだ?」という意味でしょう。ハナからメーターを倒す気などありません。なかなか面白い奴だ。「200ペソ」というと「400ペソ」と切り返してきます。「メーターを倒せ」と言うと300ペソで折り合いました。マニラ人はなかなか商売熱心だ。

2014/12/14 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
12
11

明日で学校は終わります

 
明日で学校は終わります。

来年の春から夏にかけて中国をバックパッキングします。これで第1次海外バックパッキングは終了します。最終的にはビルマから東のアジア諸国を全部回る予定です。第2次海外バックパッキングはいつやるかはまだ決めていません。

 
今回のフィリピン英語短期留学で少ししくじったなと思ったのは、日常の中でネイティブの英語に触れることができないことです。言い回し、イントネーションなどを普段のなかでコピーできないことです。やはり本命のニューヨークに行くべきだったと思っています。
 
そう考えると来年の中国行きも、勉強しやすそうな上海じゃなくて、最初からハルピンを目指すべきだと気付きました。ハルピンでいい学校を見つけたいと思います。

2014/12/11 (Thu.) Comment(0) バックパック

2014
12
08

風邪をひきました。

風邪をひきました。何年も引いたことがありませんでした。無理がたたったのでしょうか。ロキソニンと抗生物質を飲んで1日寝ていましたが熱がまだ引いていません。もし明日も熱があるようなら病院へ行きます。

海外の病院って恐怖です。使い回しの注射器とか、他の患者の病気をもらうんじゃないだろうかとか考えるわけです。トホホ。

ロマンチックな思いはしていませんから。信じてください。

2014/12/08 (Mon.) Comment(0) バックパック

2014
12
05

憧れの先生に会いました。

7年前にSkypeで英語を習っていた先生をロビーで偶然見つけました。この学校の先生をしていました。キレイな先生でその当時人気がありました。今はもうSkypeレッスンはしていないそうです。

偶然見かけた後、他の先生に確認しました。しかし本人には直接はまだ話していません。確認した先生にはその当時僕の傲慢な態度でその先生を怒らせてしまったから、僕が学生だったことは言わないでねとお願いしておりました。

願いもむなしく数時間のうちに全校の先生の知るところとなりました。当然予想はしていましたが。昼ご飯を食べていると昔習っていた先生が食堂に来て、少し離れたところで女子学生と談笑しながら僕を観察しているのを発見しました。僕が気づいたのを確認した後、視線をそらせて食堂から歩いて出て行こうとしていました。すれ違う瞬間、鋭い一瞥を僕に投げかけました。

戦国大名は弓矢で殺す  糸屋の娘は目で殺す  

2014/12/05 (Fri.) Comment(0) バックパック

2014
11
30

バギオで英語の特訓をしています。

英語の特訓でバギオに来ています。通信状態が悪く途中で途切れたり消えてしまったりします。
取り敢えずこれだけの内容を送ってみます。まだ生きています。トホホ。


韓国人学生は多いんですが韓国語を使う機会はほとんどありません。初回のミーティングの時に英語で趣味は外国語で、現在中国語と韓国語を勉強していると自己紹介すると、すかさず韓国語をしゃべってくれと言われました。得意のくだりを韓国語で喋ると、ウケるウケる。席上で韓国人のマネジャーから褒められました。平日は英語以外は禁止です。今は英語に専念しております。

ブツ切りの連絡ですがこうしないと何時連絡できなるかもしれませんので、悪しからず。

2014/11/30 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
11
14

バックパッカーとしての試練

日本に住んでいると気が付かないかも知れないけれど、日本は本当に治安のいい国です。今までスリや引ったくりの被害にあったことがありません。アジアでも、韓国、台湾、香港、シンガポールは安全な国だと思います。

今回行くフィリピンはそうは問屋が卸さないと思う。気をつけて事件に巻き込まれないようにしたい。2008年のデータで示すと人口10万人あたり下記の人数がその被害者数です。

 フィリピンアメリカ日本
殺人6.45.20.5
強盗9.5141.83.4
強姦2.928.61.2

殺人は日本の13倍です。また被害者を日本人に限れば57倍です。あまり嬉し

そうな格好をして街を歩いていると、目を付けられて財布を取られたり、命を

落としたりします。そんなことの無いように虫の喰ったセーターやヨレヨレの

ジーパンにサンダル履きでマニラへ行ったほうがいいのかな?

2014/11/14 (Fri.) Comment(0) バックパック

2014
10
18

南大門市場で人に酔う



今日は学校も休みなので、南大門市場へ行ってきました。ビデオを見ていただければ分かるように人でごった返しています。50年前の日本の都会みたいです。あそこでは買いたくない雰囲気です。安かろう、悪かろうです。

毛皮屋のアジョッシに捕まり革ジャンを買わされそうになりました。
「安くていいのがあるから」
「今、金ないし寒くもないからいらない」
「どこに住んでんだよ」
「ハプチョンだよ」
「あそこは寒いよ。冬になるとハンガンなんか凍っちゃうよ」
「今寒くないもん」
アジョッシに日本人と見破られたのが残念だった。ちなみに僕は全部韓国語で通しました。


市場の入り口にはスポッターがいて、スリ窃盗団に連絡しています。自分を写すふりをして真後ろを撮影すれば追尾者を捉えることができます。とってもスリリングな市場でした。下働きのノドンチャのアジョッシが「ウエノムセッキ(日本人野郎)」と離れたところで小声で言っているのをキャッチできました。本で読んだことはあったのですが実際に韓国人が話すのを聞いたのは初めてでした。まだ「チョッパリ」という単語は実際に使われているのを聞いたことがありません。

豊かで、ディープな朝鮮語の世界に誘われていきます。

2014/10/18 (Sat.) Comment(0) バックパック

2014
10
17

ソウルで「はとバス」に乗る



授業が終わって2時間のバスツアーに参加しました。たぶんソウルの名所旧跡はほとんどカバーしていると思います。12,000ウォンで30分おきに出発しているので、見たいところがあれば降りて見学し次のバスに乗ればツアーを引き続き楽しめます。



今日は下見だったから中には入らなかったけれど、国立博物館とキョンボックンへは行ってみたいな。ソウルは地下鉄とバスが安くて便利です。東京のSuicaみたいなのがあり、T-Moneyといいます。これを使えばほとんど東京にいるのと変わりません。タクシーにはまだ乗ったことがありません。

2014/10/17 (Fri.) Comment(0) バックパック

2014
10
12

僕は外国語の能力をお金で買おうと思う

一度も外国へ行かずに外国語を習得したのがエライみたいな風潮があるけど、それって頭がいいことを自慢したいってことだよね。 僕にすればお金がないから行かなかっただけじゃんと思ってしまうよ。

まあまあ使える外国語にするためには、数万時間必要と思うけれど、これって時給を掛ければ数千万円ってことで、語学にはお金がかかる。教材や学校、個人レッスンなどを考えると特別な能力のない普通の人は外国語を習得するのは相当なお金と時間がかかる。だから、なかには人生や命をかけている人もいると思う。

僕は外国語をお金で買いたい。そして「僕は外国語をお金で買いましたが、何か?   できるもんなら、やってみれば?  ただし アンタの場合、無駄に捨てるだけになるかもよ」って答えたい。

「あぁ Samさん  それを言っちゃおしまいだよ。韓国の風土病にかかっちゃったんだね。開き直り病って言うらしいよ。」



病院へ行ってきます。 トホホ。

2014/10/12 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
10
12

Samさん教室で威張り反感を買う

学院のファッション雑誌から抜け出てきたような女の子が、僕が中国語も習っていたことを聞きつけて質問してきた。「中国語はどのくらいできるんですか?」と。「韓国語と同じぐらいか、もう少しうまいぐらい。」って答えると、「英語は?」と聞いてきたので「英語はだいぶうまい。」って答えた。本当なんだけど、嫌味に聞こえたかもしれない。英語は50年、中国語は3年、韓国語は2年なんだから当然なんだけどね。謙遜することなく自分が思っていることを正確に伝えるのは決して威張っていることとは違うよね。

2014/10/12 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
10
11

この夏 韓国語を教えてもらった先生を急襲しました!行けませんと断られました。

この夏韓国で韓国語を教えてもらった先生を学院に訪ねてみました。恐怖であったと思います。Lineで食事に誘いましたが明日は友達の結婚式があるので残念ながら行けませんと断られました。次回誘えば「叔父さんの葬式があるから」と断られるはずです。トホホ。

この辺りの事情を元のクラスメイトにLineでワイワイと通知しながらやりました。

先生は土曜日なのでお休みでしたが事務員が電話を繋いでくれました。次回からは事前にLineで連絡を取って会うことにしました。


2014/10/11 (Sat.) Comment(0) バックパック

2014
10
11

韓国短期留学に掛かる費用

簡単なメモを残しておきます。

今年の夏9日間の留学費用は全部で約30万円。

今回の1ヶ月の費用は45万円になると思う。

贅沢は全然していません。ノレバンもクラブもアガッシもしていません。安くあげようと思えば半分ぐらいの費用でいけると思います。しかし割とストレスがかかります。僕は若くないし無理はできません。


(追記)

2014年11月~12月:5週間のフィリピン英語研修費 46万円。




2014/10/11 (Sat.) Comment(0) バックパック

2014
10
11

「Talk to me in Korean」の「You are here」コーヒーショップへ行ってきました。

英語で韓国語を教えているソン・ヒュンウさんのコーヒーショップへ行ってきました。僕がソンさんと並んで立っていて僕がこのコーヒーショップを韓国語で紹介している動画を撮りました。今は動画を編集できる環境にないので後日アップします。とても暖かそうな感じのいい青年でした。お店は僕がこの夏一週間通っていたカナダ韓国語学院から100mのところにあります。今度は勉強会のときに行って見たいです。



このビデオを撮った10分後にソンさんが自転車で来店し韓国語で楽しく歓談しました。






2014/10/11 (Sat.) Comment(0) バックパック

2014
10
11

一週間が過ぎました。

一週間が過ぎました。銀行へ行って口座を作りました。国民銀行で外貨通帳と韓国ウォンの通帳です。最初外国人登録証の提示を求められましたが、一ヶ月の短期滞在者なのでそんなものは持っていないと言うと今現在の住所と電話番号と数枚の書類に名前とサインを10箇所ぐらい書かされました。学院の先生曰く「今まで通帳を作った学生はいない」とのことでした。多分最初の「外国人登録証」で躓くんだと思う。向こうも商売なんだしマネーロンダリングしそうな怪しいヤツじゃない限りパスポートが有ればハン検4級で突破できるよ。









2014/10/11 (Sat.) Comment(0) バックパック

2014
10
06

クラス分けテスト

今日は初日なのでクラス分けテストがありました。最初中級クラスになりましたがレベルが高くついて行けそうにないので、一つ下のクラスに変えてもらいました。

中級クラスはテーマについて自由に発話できないといけないクラスなので、今の僕の実力にとっては無理があります。







2014/10/06 (Mon.) Comment(0) バックパック

2014
10
05

ソウル再び

ソウルにまた来ました。今回は合井駅周辺です。iPad Airで打ち込んでいるために文章もぶつ切りです。bluetoothキーボードをアップル純正のにすればうまくいくかも知れません。多分6000円ぐらいします。

さて合井駅周辺は前回とは雰囲気が違いますが都会のど真ん中です。熱く伝えたいんですが入力に難がありカスのようなレポートになりそうです。家に帰ってからきついレポートを送ります。楽しみにしていてください。

僕のYouTubeには随時アップロードして置きます。










2014/10/05 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
09
14

北帰行

10月からまた韓国へ行きます。今度は1ヶ月です。前回の韓国語学院とは違うところへ短期留学です。宿舎はオフィステルといって日本のウィークリーマンションみたいなところです。アメリカで言えばコンドミニアムでしょうか?

前回は1週間の短期語学留学(研修)にしました。それは途中でホームシックになって泣きながら帰ったらマズイと思ったからです。(笑) 1週間いて、たぶん韓国なら大丈夫だと思いました。1ヶ月ぐらいなら何とかなると思います。初めての渡韓で韓国を嫌いにはなりませんでした。相性の合わない国があると思うんです。たぶん僕はインドや中近東は合わないと思う。

それが終わると次はフィリピン英語短期留学1ヶ月を予定しております。英語はある程度話せるのでいきなり1ヶ月でも大丈夫と思っています。何でこんなにバタバタしているのかと言うと実は趣味の外国語の勉強に秋風が吹いているのです。タイムリミットが近いのかも知れません。外国語や海外生活に興味を失い始めているのかも知れません。最初の僕の目的はビルマより東のアジア諸国のバックパックによる踏破でしたので、早く実行しておかないと行きたくなくなるかも知れないのです。若い人たちには信じられないかも知れませんが、行きたいという気持ちが萎えることがあり得るのです。年は取りたくないものです。

東京、ソウル、北京そしてNYにそれぞれ1年間住んでみたかった。もうそれはかなわぬ夢かも知れない。毎日真っ黒になって働きながら、「いつか行きたい」と思っていた憧れの街だったのに。

冥土の土産にマンハッタンに1年間住んでみようかな。



もう残された時間があまりないのです。行きたいと思う気持ちのあるうちに、恋する力のあるうちに。 お金と時間があっても気持ちがなければダメなんです。

来年は中国へ行く予定です。上海に勉強しやすそうな学校があるので、そこで1ヶ月勉強して中国の内情にも慣れたら、本命のハルピン(ハルピン人の中国語の発音が一番キレイって言われているので、前から興味がありました)と多言語都市延吉でも生活したいなと思っています。東北(トンペイ)へは冬には行かないと思う。寒がりなんです。


『北帰行』を口ずさみながら韓国、東北へ行ってこよう。

2014/09/14 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
08
24

貧乏だけど貧乏臭いのはイヤだな




韓国に9日間いたけど、仁川(空港)、新村(宿舎)、弘大入口(学校)、光化門(本屋)しか行ってない。辛ラーメン啜る日もあったけど、ゆったりした時間が過ごせてリッチな気分でよかったよ。観光地や有名店を駆けずり回るのはごめんだな。行こうと思えば行けるけれど、行かずにソウルの空気を楽しみました。

若い人は学校の宿題もし、夜も午前様になるまで遊んでいたみたいです。若い人は何もしないで過ごす贅沢を知らないのかも知れない。僕は東京へ行っても東京タワーとかスカイツリーとか靖国神社とかお台場を駆けずり回らない。宿泊場所の近所で旅行者じゃなく生活者としての時間を楽しみたい。




2014/08/24 (Sun.) Comment(0) バックパック

2014
08
05

Sam君の貞操の危機は突然やってきた。

韓国滞在中で一番キケンな瞬間は街の様子をビデオ撮影をしているときに突然やってきました。

僕は歩道の横で通行人や車の流れなどを自然に撮りたいと思いiPhoneでパンしておりました。するとスゴイ美人のワンレン(古すぎて誰も知らない単語かも)が僕のほうにバンと音を立てて足を踏み出し靴紐を直しだしたのです。胸が見えるのです。長身でスタイルのいい30歳ぐらいの美人です。

紐を結びなおして長い髪をかき分けながら悠然と去って行きました。流し目が心に沁みるソウルの夕方でした。

後で気付きました。流しのコールガールのコンタクトだったんだと。しゃがまずに腰を曲げた体勢から頭を挙げカメラの前を通り過ぎました。その映像の一部が残っています。


(ちょうど20秒のところです。)


韓国は危険が一杯のところかもしれないけれど、近づかなければ安全な街だと思います。

2014/08/05 (Tue.) Comment(0) バックパック

2014
07
29

韓国語授業初日および韓国の街の様子

9時から授業が始まりました。4時限の授業が終わると1時です。今日は同じクラスの4人のメンバーと昼食を食べに行きました。550円のバイキングです。クラスは4組に分かれ組平均人数は6名でちょうど良い大きさです。宿題はないのかと思っていましたが、出ました。
宿舎に帰ってきて街の撮影と食事をしました。学校で昼から映画鑑賞会が開かれました。







2014/07/29 (Tue.) Comment(0) バックパック

2014
07
28

ソウルは燃えているか?


初めての韓国だが、スムーズに潜り込めた。分からなければ聞けばいいだけだ。学校の初日はクラス分けのてテストがあった。明日の朝クラス編成が発表されるが今日は取りあえず上のクラスに入ってしまったためか、劣等生っぽい。今回の研修は全員で24名と思う。数えてないので分からない。男は僕一人だ。60を過ぎて韓国の韓国語学校に入る男はまずいない。

3クラスでやって欲しいが2クラスになるだろうと思う。

今日は学校のしたにあったとんかつ屋で昼食をし、パルセックサムギョップサルで夕食をとった。

学校からの帰り道、バスに乗って市内観光をした。ソウル市へのオリエンテーションを行った。





2014/07/28 (Mon.) Comment(0) バックパック

Podcast

by PODCAST-BP

ブログ内検索

韓国語ブログ村ランキング

カテゴリー

リンク

TV
CNN

最新記事

プロフィール

HN:
Sam
性別:
男性
職業:
バックパッカー
趣味:
外国語学習
自己紹介:
韓国語専用ブログです。まだ入門者なので最初は日本語が多いと思う。いつか韓国語専用になるように頑張ります。

カウンター

フリーエリア

最新コメント

[08/15 Sam]
[08/15 のんたま]
[07/23 Sam]
[07/23 sen-star]
[07/06 Sam]
[07/06 円覚寺]
[07/06 Sam]
[07/06 テヒ]
[06/23 Sam]
[06/22 nontama9]